トレンドに逆らった逆張りの危険性

トレンドに逆らった逆張りは非常に危険です。
スキャルのように数Pips取りにいくようなトレードであっても危険です。
トレンドはいつまで続くかわかりません。強いサポートやレジスタンスを軽々と抜けていってしまうこともあります。
そうなればトレンドはさらに加速するかもしれません。

今回は、トレンドに逆らった逆張りトレードの危険性についてお伝えします。

Gogojungleさんにて販売しています。


GLEAPERの詳細はこちらの記事をご覧ください。

REMSIGNALの詳細はこちらの記事をご覧ください。

計画的ではない逆張り

相場が急上昇、急下降した時に、値ごろ感から「もう反転するかもしれない」と安易な気持ちで逆張りすると一気に大損することにもつながりかねません。
逆張りで数Pipsを狙うようなスキャルのつもりが、相場が反転しないために塩漬けになってしまう可能性もあります。

逆張りで大損

こういった逆張りにはたいていの場合戦略はありません。エントリーしてもどこで利益確定するか、どこで損切るかも決めていないということです。
一気に上昇、下落しているのをただずっと見ているだけという悔しさからそのような行動になってしまうのかもしれません。

期待による逆張りスキャル

「少しぐらいは反転するだろう。ちょっとでも利益が出たらスキャル的に決済しよう」と軽くエントリーしたものの、相場は逆行。反転する素振りすら見せずひたすらに逆行。
あっという間にありえないぐらいの含み損。

短期的なトレンドも、続くときは続きます。しつこいぐらいに続きます。
それがどういった相場なのか知りたい方は、続くべくして続いた短期足の執拗なトレンドという記事をご覧ください。

計画的であれば問題ない

例えば、急騰、急落した相場であっても、意識されていると思われるレジスタンス、あるいはサポートからの逆張りであれば戦略的に全然問題ないと思います。むしろそういったトレードは僕もします。
損切りはそのレジスタンスライン、サポートラインの外側におけばいいだけですから、リスクを理解・許容した上での逆張りです。

負けることを想定していない逆張り

問題なのは、そういったことを一切考えない逆張りです。負けることを前提としていないのです。
勝って当たり前。負けるなんてありえない。だからストップを置かない。

FXは、安易な行動であればあるほど、現実を受け止められなくなります。

あんなところで入らなければよかった」

「ちゃんと損切りしておけばよかった」

「なんでこんなことに」

後悔ばかりが浮かびます。

負けを受け入れるには

軽い気持ちで逆張りするのは本当に危険です。
「軽い気持ち」だからこそ、損失を受け入れられなくなります。

トレンドに逆らったトレードをするときは、必ずストップをどこに置くかを決めてから入りましょう。エントリーした直後、一瞬で負けることも覚悟しておいたほうがいいです。

負けを受け入れるには、エントリー前からどこにストップを置くかを決めていることです。「これで負けたら仕方がない」と思えるところに損切りを入れる。
逆に「これで負けたら仕方がない」と思えるような損切りポイントが見つからないのであれば、トレードを見送った方がいいでしょう。

軽い気持ちでトレードに臨まず、エントリー前に損切りポイントを決める。これだけでありえないような損失は抑えられます。