ボリンジャーバンドを用いた1分足手法

こんばんは。michiです。
今回は、1分足のスキャルピング手法をお伝えします。

使用するインジケーターはボリンジャーバンドです。
チャートにはシグナルの矢印が表示されていますが、これは僕が作ったインジケーターです。
ボリンジャーバンドの考え方として、こういう見方もあるということをお伝えできればと思います。

Gogojungleさんにて販売しています。


GLEAPERの詳細はこちらの記事をご覧ください。

REMSIGNALの詳細はこちらの記事をご覧ください。

ボリンジャーバンド1分足スキャル手法の内容

ボリンジャーバンド パラメーター1200

1分足チャートにボリンジャーバンドを表示します。
期間は1200。偏差は1とします。
1200というパラメーターはかなり大きな数値ですが、これは1時間足レベルのボリンジャーバンド(期間20)とほぼ同等になります。

レートが±1σの中に収まっている場合はトレードしません。
レートが±1σの外側にいる場合のみトレード可の条件とします。

つまり、1時間足の±1σの外側にレートが位置する場面を1分足で確認し、スキャル的にトレードしていく手法です。

ものすごくシンプルです。
エントリーするポイントが、買いであればサポート付近、売りであればレジスタンス付近に限定すると、利大損小のトレードになりやすくなります。()

1分足スキャル手法の説明

レートが+1σより上に位置している時は買い目線で固定です。

レートが-1σより下に位置している時は売り目線で固定です。

ボリンジャーバンドというと「反転」のイメージが強い気がします。
それは、±1σの範囲内に収まる確率は68%、±2σの範囲内に収まる確率は95%という高い確率からイメージされているものだと思います。

相場は、7割がレンジ、3割がトレンドと言われています。
ボリンジャーバンド±1σの範囲内に収まる確率は68%ですから、レートが±1σの外側に位置している確率は32%です。3割程度ですね。
実際強いトレンドが出ているときは、±1σの外側でレートは動きます。

※チャートには、REMSIGNALというシグナルインジケーターを表示しています。

買いエントリー

ボリンジャーバンド1分足手法買いエントリー場面

買い目線のチャートです。
緑色の緑色の緑色の緑色のラインがボリンジャーバンドの+1σ、水色のラインがMA1200です。ボリンジャーバンドを表示させるとMAが表示されますが、わかりやすくするために色分けしています。
レートが+1σより外側に位置している場面です。左の方で売りシグナルが出ていますがこれはルールには当てはまらないのでスルーです。入るのは買いシグナルのみ。

売りエントリー

ボリンジャーバンド1分足手法売りエントリー場面

売り目線のチャートです。レートがボリンジャーバンドの-1σより外側に位置しています。売りシグナルで売りエントリーです。買いシグナルはスルーです。

利確と損切り

損切りは直近高値・安値の少し外側、利食いは、例えばボリンジャーバンド期間100の±2σタッチなど。期間100は5分足の期間20に相当します。

ボリンジャーバンドパラメーター100
ボリンジャーバンド1分足手法 利確と損切り

しっかりトレンドが出ていると、一旦上がる素振りを見せても再度下降トレンドを形成する、ということはよくありますね。

一つ注意していただきたいのは、今回1分足チャートだけで説明をしていますが、1分足だけでトレードするのはおすすめしません。
上位時間軸チャートの状況はとても重要です。例えば、1分足ではロングで入るのに良いエントリーポイントに見えても、上位時間軸チャートでは、レジスタンスに到達した後の反発で、下げる勢いが強まる場面かもしれません。

複数時間軸でチャートを見ることはとても重要です。ただ、その前にまずは単一チャートでしっかりとチャート分析できる力が必要です。
このことに関しては、複数のチャートを見る前にすべきことという記事をご覧ください。

最後に

ボリンジャーバンドによるスキャルピング手法について解説してきましたが、トレンドによっては、±1σの一旦抜けると、なかなか中に入ってこないような相場もよくあります。ただ、トレンドが長く続いた後に順張りでエントリーするのはリスクが高いです。相場の状況はよく見てからトレードに臨みたいところです。

良いFXライフをお過ごしください。
お読みいただきありがとうございました。