複数のチャートを見る前にすべきこと

FXは、複数のチャートを見て相場を分析することが大事、というようなことはよく言われます。
これは確かにそうです。1つのチャートだけを見ていても、相場の流れの一部分だけを見ていることになるので、トレードの精度は上がりにくくなります。

ですが、複数のチャートで分析をする前にすべきことがあります。

複数チャートを見る前におさえておきたいポイント

複数のチャートで分析をする前にすべきこと。
それは、単一チャートでの相場分析力を高めることです。

「え?どういうこと?チャートの見方がわかったからマルチタイムフレームでチャートを見たいんだけど…」

と思われるかもしれません。
たしかに、1つのチャートだけでは相場の流れは掴みにくいですし、深く分析するには、複数のチャートを見てトレードするのが良いに決まっています。

ですが、注意点があります。

単一チャートでちゃんと相場分析ができていますか?
例えば5分足を見ていたとしましょう。

そのチャートをパッと見て、どんな状況が判断できますか?

これは非常に重要なことです。

単一チャートを読み取る力が付いていないと、複数のチャートを開いたところでちゃんと分析できません。

複数チャートを見ずに直近の相場状況を把握することが大切

例えば、こちらのチャート。

5分足チャート1

この後、どういった動きをイメージできますか?
チャートの左側が見えませんが、そこは気にしなくて大丈夫です。

このチャートの一番右側の事実としては何が言えるでしょうか。
ここが肝心です。上位時間軸は関係ありません。

チャートその後

このチャートで言えることは、5分足の上昇トレンドは崩壊し、下降トレンドに移行している場面、ということです。(補足として、上昇トレンドが崩壊しているのは5分足だけではありません)

5分足チャート2

大陽線を見ると、飛び乗りしたくなるような場面にも見えそうですか?
上昇トレンドは明確に崩れ、高値・安値も切り下がっている状況です。
上がっていくのはちょっと抵抗が強いかもしれません。

※斜め線は相場の流れをわかりやすくするためのもので、適当に引いています。

複数チャートを分析できるようになるには

5分足チャートを使用して見てみましたが、こういった判断は、単一チャートを見るだけでできます。

逆に、単一チャートの相場状況がわからない状態で、複数のチャートに手を出すのはまだ早いと言えます。
さらにややこしくなります。

1つのチャートを深くまで読み取ることができたら、複数のチャートで分析してみましょう。

ややこしい、と感じることなく見れるのではないでしょうか。

慣れるには時間がかかるかもしれませんが、単一チャートをちゃんと見るようになっていれば、難しくはないと思います。