ルールを守る
トレードルールは、自分で決めたのなら、守ることに徹するべきです。

トレードルールを守らずともトレードは簡単にできてしまいますが、ルールを破って得られた利益は危険です。

実際に口座資産は増えているわけですが、喜べることではありません。
Gogojungleさんにて販売しています。


GLEAPERの詳細はこちらの記事をご覧ください。

REMSIGNALの詳細はこちらの記事をご覧ください。

FXは自分との闘い

人には感情があります。
負けたら悔しいと思いますし、増えたら嬉しいと思います。 自分の思った通りにいかないことばかりだと投げやりな思考になってしまったりもしますね。
僕自身もルールを完全に守れているかと言われると、完全には守り切れてはいませんが、だいぶと少なくなりました。守れるようになったことで、手を出してはいけない相場、わかりやすい相場の区別ができるようになり、相場をより深く理解できるようになったと実感しています。

ルールを破ってしまう原因は色々と考えられますね。
その中でもけっこう多かったと思うのは、「待てない」という理由でしょうか。

FXは一貫性が必要

個人的に、ルール守れずのトレードは全てギャンブルのようなものだと思っています。

FXは、ルールを守るからこそ力が身に付きます。
ルールを破ったトレードを何回繰り返しても身になりません。
FXで勝ち続けるためには一貫性が必要だからです。一貫性が保てていないと、成績が安定することはまずないと思っておいた方がいいです。

ルールを破ったトレードによって勝てたとします。「予期せぬ利益が舞い込んできた」と喜んでしまうかもしれません。
しかし、ルールを守らずに得られた利益は喜ぶべきではありません。

なぜルールを守らず得た利益は危険なのか

喜んでしまうと、そういう癖が付きます。
ルールを破っても勝つ時は勝つ、なのでまたやってしまう、という癖です。

ルールを破ったトレードでも、相場は上がるか下がるかしかありませんので、リスクリワードを1:1とするなら、勝率は約50%です。(スプレッドはややこしくなるので考えていません)
1/2の確率で勝ってしまいます。
すると、ルールを破ったことはあまり問題視せず、増えた口座残高を見て喜びます。

喜んでしまうと、また同じことを繰り返します。

問題なのは負けた時

ルールを破ったことを問題視していないと、勝ったことに対して絶対に喜んでしまいます。口座資産が増えていますからね。

そして問題になってくるのは負けた時です。

ルールを破ってトレードをして負けたとします。

すると必ずこう思います。
「ルールを守ればよかった」
「ルールを守っていればこんなトレードをせずに済んだのに」と。

そして、ルールを守れなかったが故に出してしまった損失は、すぐに取り返したくなります。
ルールを守れなかった自分自身に腹が立ち、熱くなってしまうんです。

「今のトレードは無しにしたい」という気持ちも心のどこかであるのかもしれません。

そしてまた、ルールを破ってトレードをしてしまいます。

「ルールを破っても勝つ時は勝つ」という経験が、負のスパイラルを形成させる大きな原因になっています。

感情的になってエントリーすると、利益確定の目標はどこなのか、損切りのポイントはどこなのかも定まっていません。非常に危険な状態です。

こうなってくると、何のためにトレードをしているのかわかりません。
完全なギャンブルトレードです。

ルールを守らなかったトレードは良い方向にはつながらない

ルールを破ったトレードは、勝っても負けても良い方向にはつながりません。
それで得た利益は、喜ぶことなく、どうすればルールを守ってトレードをすることができるかを考えるべきです。

僕も昔はしょっちゅうルールを破っていました。エントリーのクリックをした瞬間に後悔することもありました。
「なんのためにFXをやっているのか」という目的を持つことは大事です。
そして、チャンスはいくらでもあるということです。

チャートに張り付くのも、あまり良くない気がします。
チャンスが来たら入る、ぐらいの気楽な気持ちでトレードするのが精神的にも楽です。