チキンハート

負けて口座資金を減らすことは、多かれ少なかれストレスになります。中にはストレスを全く感じない人もいるのかもしれません。ですが稀でしょう。
FXを始める理由は、たいていの場合「お金が欲しいから」です。
口座資金を減らすことは、始めた理由とは逆の結果になっているわけですから、ストレスを全く感じないのはある種精神を超越しているようなトレーダーだと思います。その域まで行けるのであれば行きたいものですが…。

負けるとストレスを感じるわけですが、勝ってもストレスを感じることがあります。

口座資産が増えているのにストレスを感じる…不思議な感じがしますね。

ストレスを感じる原因は色々と考えられます。
その中で、無視してはいけないのはチキン利食いです。

チキン利食いとは

チキン利食いとは、当初考えていた利益幅よりも少ない利益で決済をしてしまう行為ですね。

そうなってしまう原因は、「含み益がもしかしたら含み損になってしまうかもしれない」などといった恐怖からです。

チキン利食いをしてしまった後、相場は自分が思っていた方向へ進むことが多いのではないでしょうか。
そうなると、ストレスを感じます。

「最初決めた目標まで行ってしまった…」とか、ぐんぐん伸びていく相場を見て「決済してなかったら爆益になっていたのに…(最初からそんな想定していたのかは横に置いといて)」みたいなことを思ってしまいます。

こういう経験は僕自身もあります。
「なんとなく反転しそう。だから微益だけど決済しよう。」という感じですかね。
“反転しそう”には何の根拠もありません。なんとなくです。

このなんとなくの理由で決済してしまった結果、悔しい思いをどれほどしてきたのかわかりません。

この時にストレスを感じています。
狙い通りのトレードになっていたはずなのに、微かな利益で終わらせてしまうわけですから、何も感じないわけがありません。

FXは勝っても負けてもストレスになることがあるということですね。

チキン利食いはやってはいけない

チキンハート

断言しておきますが、チキン利食いはやってはいけないことです。
利益なので、「損失よりましでは?」という風に考えてしまいがちですが、そういう風に考えるよりダメな行動だと割り切った方が今後のためになります。

トレードを始める前に、トレードルールが通用するかどうかを確認するために過去のチャートでの検証をたくさんすると思います。

その時に、チキン利食いすることを前提に検証していますか?
「このチャートパターンはちょっと恐怖を感じそうだからチキン利食いしてしまうかもしれない…」
そんなこと考えませんよね。

出来上がったチャートを確認するだけの検証と、チキン利食いをたくさんしてしまうリアルトレードでは、結果に差が出て当然ですね。検証では成績が良かったとしても、実際のトレードではチキン利食いのせいでマイナス収支になるかもしれません。

もう一つ考えないといけないのは、チキン利食いは、決済ルールを破ってしまった結果だということです。

利益確定でルールを破っているのに、損失確定でルールを破らずに守り抜くことができるでしょうか。これは非常に重要なことです。

チキン利食いをやめる練習方法

チキン利食いをやめる一番効果的な方法は、エントリーしたらチャートを見るのをやめることです。
エントリーした瞬間にチャートを閉じる。もちろんリミットとストップは置いた状態で、です。そうしたら、それから先はFXのことは考えない。以上です。

チキン利食いをやってしまう原因は値動きを見続けることにあります。

ロングエントリーしたとします。

「上がった!いい感じだ!これはいける!…と思ったら下がり始めた…えっ…ちょっと下がり過ぎ…これこのまま下がるんじゃないか…決済しよう…」

みたいな感じで、値動きに心が揺らいでしまうから、薄利決済してしまいます。
チャートを見なければ、心が揺らぐことはありません。

チャートを閉じても値動きが気になって仕方がない場合

チャートを閉じても値動きが気になって仕方がない場合。
それはもしかしたらポジション量の問題かもしれません。レバレッジを利かせれば利かせるほど、値動きが気になってしまうものだと思います。だとしたら、ポジション量を落とすことで解決できますね。

安定して勝つために

チキン利食いは、やってはいけないことです。チキン利食いをするうちは、安定的に勝つこともできないでしょう。

値動きに翻弄されないように、決めた利食いの位置までポジションを持ち続けるようにしていきましょう。