ローソク足

FXは、ルールを構築してからが勝負です。

ルールを持たずに相場に挑むのは無謀です。100%勝てません。

運や勘だけで勝ち続けることは不可能です。
勝てるトレードルールをもって参加するのが鉄則です。

ですが、勝てるトレードルールを決めたからと言って、即勝てるようになるわけではありません。

Gogojungleさんにて販売しています。


GLEAPERの詳細はこちらの記事をご覧ください。

REMSIGNALの詳細はこちらの記事をご覧ください。

過去チャートによる検証が必要不可欠

僕の場合、トレードルールは、過去チャートによる検証で作りました。
僕の場合というより、おそらくほとんどの方がそうしているのではないでしょうか。

かなり過去にさかのぼり検証していました。

ブラッシュアップをする意味で、その検証は今も続けています。
今日(休日)みたいなチャートが動いていない日でも、チャートを付けて見ています。

検証に検証を重ねてトレードルールを作るわけですが、止まっているチャートと動いているチャートとでは、チャートの見え方が全く異なります。

ですので、ルールを作ったら、実際に動いているチャートで検証をする必要があります。

過去チャートとリアルタイムチャートは別物

過去チャートで勝てているようでも、リアルタイムで見るとそんなことはなかった…ということもあります。

過去チャートでは、ローソク足や平均足、テクニカルといったものは確定していますが、リアルタイムで見ると確定していないので、例えば上位時間軸のチャートで、陽線だったものが陰線になったり、テクニカルの向きも変わったりといったことが起こります。値動きに反応するので当然ですね。

例えば、非常にシンプルですが、上位時間軸、下位時間軸のローソク足の色が一致したらエントリー、というルールだったとします。

ローソク足

ロングでエントリーしようとしていて、上位時間軸で陽線、下位時間軸も陽線で確定したのでロングでエントリーしました。
しかし、レートは下がってしまい、上位時間軸の平均足は陰線に変わり、結果陰線で確定しました。

ローソク足

このパターンでは、過去チャートでの検証だとエントリーはしていない場面になります。
ですがリアルタイムでは、「あの時点ではルール通りだったはず」というあいまいな感じになってしまいました。

こういったことはよくあります。
ですので、過去チャート検証とリアルタイム検証の両方が必要になります。

デモトレードですね。

自分で作ったルールが通用するのか、またちゃんとルール通りにトレードできているかを試すために、デモトレードは必ず行いましょう。

通用しない、ルールを守れないのであれば、リアルで始めるのは早すぎます。
わざわざ資金を溶かす必要はありません。

デモトレードは無料ですから、じっくり試してみてください。相場は逃げません。