フラクタル

1分足には、どんなイメージをお持ちでしょうか?
「ノイズが多い」「騙しが多い」といったことも言われたりしますが、高値・安値は当然のように意識されます。

今回は1分足で少しダウ理論を考えていきたいと思います。

ダウ理論を考える前にまずはシンプルな1分足のチャート

まずはチャートです。ユーロドルの1分足です。チャートはけっこう縮小して見ています。

1分足シンプルなチャート

僕は1分足を見る時はいつもこの大きさです。この縮尺だと、ローソク足もバーチャートになります。

どこに意識してチャートを見るべきなのか、自分なりにこのチャートを判断したいと思います。
次のチャートは僕自身が色々と手を加えていますが、これが正解とか不正解とかありません。あくまで僕はこんな見方をしています、という個人的な見方です。

ダウ理論を考えるために1分足チャートにラインなどを追加

色々と付け加えたチャートです。

1分足チャート ダウ理論 ライン

かなりラインを引きました。
普段はこんなに引きません。頭の中で引いています。ほとんどのチャートは、現在のレートで水平線が引かれますね。僕はそれを見ています。
これは僕のやり方なので真似する必要もないですが、チャートの見えている範囲内で、意識されている安値や高値などが確認できるのであれば引きません。ラインを引く場合はチャートの左側に、意識されている価格帯が見つからない場合のみです。

黄色の四角形は、押し安値や戻り高値として見ているトレーダーがいる=意識されている高値、安値です。
黄色の楕円のところは、少し逡巡が起きていますね。結果的に下がっていますが、上がって行く可能性も充分にあるポイントです。

ラインを引いてみると難しそうな印象を受けるかもしれませんが、見ているところはシンプルです。高値、安値を更新したかどうかとサポートレジスタンスの転換です。

ダウ理論のトレンド転換

上のチャートで、チャートの前半は上昇トレンドでしたが、途中から下降トレンドに転換しました。
下降トレンドに転換したのはどこでしょうか?

1分足チャート ダウ理論 トレンド転換

黒い太線のところですね。ここで明確に下降トレンド発生です。
一番下に引いている黒ラインは、30分足や1時間足程度のチャートの押し安値でもあるラインで、このラインを割ってきたことで売りの勢いが増すかもしれない、という場面でもあります。
結果的に一旦は上昇したものの、下がっていますね。

ダウ理論がメイン、テクニカルは補助的役割

上のチャートに、一目均衡表の雲を足してみます。

1分足チャート 一目均衡表

こんな感じです。わかりやすいですね。
(これは5分足レベルの雲です)

「なんだ。一目均衡表の雲でトレンド判断できるじゃん。わかりやすいしこれで充分じゃん。」
と思ったりもしますが、やはりこういった便利なものは補助として使うべきで、大切なのはやはりダウ理論の考え方です。高値や安値を割らない限りは雲を上に下に行ったり来たりするだけなので。
雲メインで相場を考えると、レンジ相場の時は痛い目にあってしまう可能性が高くなります。

1分足でさらに細かくラインを引いてみる

ラインですが、細かく引こうと思ったらもっと細かく引けます。
例えばここ。

1分足チャート 短期的な下降トレンド

1分足レベルでの下降トレンドです。時間にすると1時間半ぐらいでしょうか。安値切り上がらず、高値切り上がらない状態がずっと続き、5分足レベルの上昇トレンドも崩壊させました。再度黄色の楕円ですが、チャートの値動きから、このあたりは流れを変えさせまいとする買い注文が入ったんじゃないかなと勝手に想像してます。

ちょっと長い陽線が出たりもしていますが、結局短期的な下降トレンドは崩す事ができず、サポートも割れ、もう一つ大きい下降トレンドをつくるきっかけとなりました。こんな感じで、1分足で高値安値を意識して見てみるのも面白いと思います。忙しないですけど。

ですが、その忙しなさがスキルを身に付けるスピードを速めるとも思います。考え方次第ですかね。